闇金相談

困らなくてもいいんです!闇金相談を活用しよう

困らなくてもいいんです!闇金相談を活用しよう

取り立てではなく嫌がらせ〜一刻も早く解決したい

闇金、ヤミ金融から借りたお金は、一切返済しなくてもよいことをご存知ですか?

 

貸金業者は、必ず登録して営業しないといけません。
登録していない貸金業者や、登録していても営業の実態がなく違法な年利設定の業者は、いわゆる違法業者です。

 

そこからの借入は返済する必要がありません。

 

闇金業者の取り立ては、貸したお金を催促するものではありません。
精神的に追い詰めて、とにかくお金を払うことで楽になるのでは?と思い込ませてしまう嫌がらせです。

 

本人だけでなく、家族にも大きな影響が出てしまいますし、職場にもいられなくなってしまうかもしれません。

 

あまりに激しい取り立てで、なんでもいいからお金払ってしまうという状況に陥らないためにも、闇金を利用してしまった(自分の連絡先を伝えてしまった場合も含めて)時には、専門家への相談がベストの解決策となります。

 

自分でどんなに闇金業者とは連絡しないと決めていても、恐怖もあるため逃げられないような気持ちになってしまいます。
専門家は文書や電話などで適宜介入を知らせ、取り立てやいやがらせ行為をやめることをきっちりと要求してくれるのです。

 

多くの場合は、闇金業者は専門家の介入を知った段階で取り立てをストップするでしょう。
また口座の凍結や刑事告発などの手段も合わせて行い、取り立てを諦めさせていくのです。

 

嫌がらせは我慢しないといけないものでもなく、いずれは軽くなるものでもありません。
むしろエスカレートしていくはずです。

 

できるだけ早い段階で手を打つことが、より早期解決へとつながるでしょう。

 

借りていても引け目に感じなくてよい

闇金業者から借りてしまったこと自体を、引け目に感じてしまう方も多いのです。
借金した弱みとでもいいましょうか。

 

また闇金業者もそこを突いて取り立てや嫌がらせ、押し貸しなどあらゆる手段を使ってきます。
しかし、本来ならお金を借りるということはそういうものではないはずです。

 

借りる側は借りた期間分の利息を法定金利に基づいて、元金にプラスして返済する、これが本来のお金を借りてからの返済というものでしょう。
しかし、闇金業者はもともとお金を貸して、その利息だけを儲けとしようとしているわけではありません。

 

そもそも貸金というスタートに立っていないのです。

 

借りている側は「闇金業者といっても、自分が借りてしまったのだから。」とある意味責任感を持って返そうとしてしまいます。
しかし、闇金業者は返済された額だけ見ているわけではありません。

 

保証料、システムエラー料などありもしない名目でお金を吸い尽くそうとするのです。
業者と名前はついていますが、本来は貸金業者でもなんでもありません。

 

お金が足りないことで、思い余って違法な業者に連絡を取ってしまった方もいるでしょう。
また、まるで大手業者のフリをして、FAXなどで貸し付けの案内をしてきたところもあるでしょう。

 

いずれにしても、違法な存在ですから、お金を借りた状態であっても、返す必要はありません

 

誰かに言いにくいことのため、必死で隠そうとしてしまうでしょう。
それは被害を大きくする元でしかありません。

 

弁護士や司法書士などの専門家への闇金相談をおすすめします。
必ず解決法が見つかりますよ。

 

弁護士?司法書士?闇金相談はどちらにする?

弁護士、司法書士いずれも闇金相談に対応している事務所があります。
どちらに依頼したほうがよいのか、違いが分からないと、悩んでしまいそうですよね。

 

弁護士と司法書士では、当然違いがあります。

 

法律によって、司法書士ができることは決まっているのです。
具体的には140万円以下の借金での交渉権と、簡易裁判所での訴訟代理権が、司法書士に認められています

 

140万円以下の借金といっても、債権者の借入額の総額となるのです。
これ以上の額の場合は、司法書士が交渉することはできません。

 

また簡易裁判所のみですから、地方裁判所などで訴訟代理人になることも、できないのです。

 

つまり、どちらに依頼してもよい方もいれば、弁護士のみにしか依頼できない方もいるということになりますね。
この点をまず把握しておきましょう。

 

弁護士のほうが闇金業者も言うことを聞く、といった噂もあります。
しかし、本当に悪質な業者は、弁護士だからいうことを聞く、司法書士だから聞かないといった区別はしません。

 

いずれにも嫌がらせをするといわれています。
つまり、弁護士にするか司法書士にするかよりも、闇金対応に優れているかどうかを判断しないといけません

 

正規の貸金業者に、債務整理などを交渉するということに優れた弁護士がいます。
任意整理などで、返済額の減額をきっちりとできる弁護士です。

 

しかし、その弁護士が闇金対応にも優れているかというと、そうではありません。
経験値なども含めて、闇金対応に特化した司法書士のほうが、解決しやすいケースもあります。

 

闇金相談にかかる費用

闇金に関する相談自体は無料という法律事務所や、法務事務所も多いですね。
有料のところも1時間3500円から10,000円といった料金設定が目安でしょう。

 

また、法テラスや地域の無料相談所などもあります。
ひとまず闇金に対してどういう対処をしていけばよいのかといった相談までは、お金をかけずにできる方法が見つかるでしょう。

 

しかし、相談しただけで闇金からの取り立てや嫌がらせが止まるわけではありません。
実際に弁護士や司法書士が着手することで、対応が始まるわけです。

 

それでは、闇金問題を解決するまでの費用は、どれくらいになるのでしょうか?

 

闇金は、悪徳業者となるので、弁護士事務所や司法書士事務所も特別な料金設定をしています。
一社50,000円からというところが多いでしょう。

 

複数の闇金を利用していれば、その分料金が多くかかります。

 

そもそも、闇金に申し込んだ段階でお金がなかったという方も多いでしょう。
さらに、返済だけでなく不自然な名目でいつまでたっても、完済にたどりつきません。

 

そんな状態では弁護士や司法書士に依頼しても、料金を払えないと考える方も多いはずです。
しかし、後払いや分割払いに対応してくれる事務所も多くなっています

 

今のままお金を返し続けても、闇金では完済の日は絶対にやってきません
闇金に支払ってしまった金額が全額取り戻せるわけではないのです。

 

その状態を続けても、解決方法はありません。
少しでも早くきちんと相談して、解決策は専門家に任せましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ